JFAS/航空安全会議は、民間航空のあらゆる職場の労働者との連携を強化すると共に、航空の安全を最大の課題とし、事故の撲滅を図ることを目的とする航空界最大の団体です。

HOME

ご挨拶

Boeing777航空安全推進連絡会議(略称「航空安全会議」、英文名「Japan Federation of Civil Aviation Workers’ Unions for Air Safety」)はパイロット・管制官・気象予報官・客室乗務員・整備士・グランドハンドリングなど民間航空のあらゆる職場に働いている46組合、10,500名が集まって航空関係の職場に働く者の相互理解と連携を強めると共に、航空の安全を最大の課題にし、事故の撲滅を図ることを目的とする航空界最大の団体です。

航空安全会議は航空事故の絶滅と、安全をより高めるために、航空のあらゆる職場から問題点を集め、国や航空会社に改善を要望する運動を行っています。
もっと安全で、便利で、快適な民間航空実現のために、皆様のご理解とご支援をお願いします。

JFAS/航空安全会議へのお問合わせ TEL 03-3742-9359 〒144-0043 東京都大田区羽田5-11-4
  フェニックスビル

検索

PAGETOP