JFAS/航空安全会議は、民間航空のあらゆる職場の労働者との連携を強化すると共に、航空の安全を最大の課題とし、事故の撲滅を図ることを目的とする航空界最大の団体です。

加盟団体

航空労働団体概略図

航空安全推進連絡会議(航空安全会議)46組合、10,600 名、議長:梅津 浩(全日空乗員組合)

国土交通労働組合 全税関労働組合
日本航空乗員組合 全日空乗員組合 ANA グループ乗員組合
日本エアコミューター
乗員組合
日本トランスオーシャン航空
乗員組合
琉球エアコミューター乗員組合
スターフライヤー乗員組合 ANA乗員組合 ジェイエア乗員組合
ジェットスター・クル―・アソシエーション
日本航空キャビンクルーユニオン 日本エアコミューター
客室乗務員組合
Japan Cabin Crew Union
(客乗職の個人加盟)
日本航空ユニオン JGS 労組 JGS 大阪労組
JGS 九州労組 JAL スカイ金沢労組  
TFK労組 JAS 新労組 NAA ファシリティーズ労組
中日本航空ヘリ整労組 朝日航洋労組 朝日航空労組
新中央航空労組 奄美航空労組 スカイネットワーク
(航空一般労働組合)
エアインディア労組 エアインディア大阪労組 フィンランド航空労組
英国航空労組 FA ユナイテッド労組 キャセイ航空労組
フェデックス労組 KLMオランダ航空労組 ルフトハンザ航空労組
マレーシア航空労組 ノースウエスト航空労組 パキスタン航空労組
フィリピン航空労組 スカンジナビア航空労組 シンガポール航空労組
タイ国際航空労組 ユナイテッド航空労組  

年間活動計画

検索

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
本サイトは、SSL サーバー証明書を使用して機密情報を保護しています。httpsで始まるアドレスを使用してやり取りされる情報は、すべてSSLで暗号化されてから送信されます。
PAGETOP